カトリック夙川教会

← 前のページに

1921年にブスケ神父が札場筋にあった家の2階を聖堂にして「聖なるロザリオの教会」と命名したのが夙川教会のはじまりだった。

その後、現在地に神戸居留地にあった「悲しみの聖母教会」の旧建屋を移築して仮聖堂とし、ヨゼフ梅木省三氏の設計でネオ・ゴシック様式の聖堂が完成したのは1932年。

阪神淡路大震災で大きな被害を受けたが2012年に耐震工事も終え、2011年にはカリヨンも修復されている。
2009年に「西宮市都市景観形成建築物」、2012年に「兵庫県景観形成重要建築物に指定された。

カリヨンの音が響く

作家の遠藤周作氏が、ここで洗礼を受けたことは知られている。➡︎

関連記事はこちら➡︎

場所:  兵庫県西宮市霞町5−40   地図はこちら➡
ナビ➡

[adrotate banner=”43″]

Table of Contents