カテゴリー 歴史

鳴尾飛行場 鳴尾競馬場 甲子園

鳴尾飛行場

その昔、西宮には鳴尾飛行場があった。 1943年、それまで 競馬場>>(1907年開場)だった場所に飛行場を作るため、 周囲にあった浜甲子園阪神パークや甲子園南運動場なども一緒に 海軍に接収された。
Read More
百間樋

百間樋(百間樋川)

江戸時代からある用水路の水が西宮の田畑を潤してきた。 市内にあるそんな用水路の一つが江戸時代初期にあった百間樋(ひゃっけんび)。
Read More
アンコ樋跡

アンコ樋跡

武庫川河川敷の甲武橋から南に200メートルぐらいのところに『アンコ樋跡』という甲東文化財保存会の立て札の横に 石で作った何かの基礎のようなものがある。
Read More
武庫川水位計

「文久元辛酉年十一月建之」の水位計@武庫川

上之町、日野町、松並町あたりは、よく氾濫したようだ。 そんな日野町あたりの武庫川河川敷に、「文久元辛酉年十一月建之」と刻まれた水位計が現在も残っているのは、そういう歴史の証人ということだろう。
Read More
西田公園

万葉集

兵庫県内で約140首の万葉集に読まれた歌があるが、西国への交通路として重要だった西宮にゆかりのある9首の歌からは、武庫の入江から続く一帯の浜辺には鶴が飛来し、白砂青松の美しい風景の広がる地域であったことが偲ばれる。
Read More
焼屋敷 鳴尾

焼屋敷(踏切)

鳴尾・武庫川女子大前駅を北側に出て、阪神の高架の沿った道を西に向いて少し歩くと鳴尾八幡神社があるが、さらにもう少し西に行くと『焼屋敷踏切跡』の説明板が建てられている交差点がある。
Read More
西宮神社 逆さ門松

逆さ門松(さかさ門松)

新年を迎えるために、家の門の前などに立てる正月飾りを「門松」という。 地方によって形なども違うようだが、西宮の西宮神社近くでは、昔、逆さ門松を飾っていたという。
Read More
廣田神社

西宮の神社

西宮市には『日本書紀』に記されている兵庫県第一の古社で ある廣田神社や、 福の神として崇敬されている『えべっさん』を祀る総本社の西宮神社をはじめ、たくさんの神社がある。
Read More
一本松

一本松

西宮で『一本松』というと『鳴尾の一本松』と『常盤町の一本松』が有名。 調べれば、この他に塩瀬町生瀬に『一本松』というバス停がある。
Read More
枝川樋門

旧枝川(現 甲子園筋)

古代より暴れ川だった武庫川の支流の一つ。 1557年 室町時代 に水害で武庫川から枝川として分かれたが、 1920年(大9年)から 廃川工事が始まり、枝川の跡は今の甲子園筋となっている。 現在は、東高校の西側をまっすぐ枝川浄水場に向けて流れる枝川があるので、タイトルでは(旧枝川)という表記を加えている。
Read More
甲子園駅前

申川(さるがわ)

古代より暴れ川だった武庫川の支流の一つ。 室町時代の弘治3(1557)年の水害で武庫川から枝川が分かれ、さらに江戸時代の元文5(1740)年の水害で枝川から分かれたのが申川。 申川 というのは、1740年の干支からつけた名前のようだ。
Read More
アサヒビール

アサヒビール西宮工場

アサヒビール西宮工場は2012年8月22日にビール製造を終了し、 1927年10月に始まった操業は85年で歴史の幕を閉じた。
Read More
越水城址

越水城(址)

東西に山陽道・西国街道が通り、城があったあたりから真っ直ぐ南へ下がると戎夷宮(西宮神社)のある西宮町へと続く交通の要所であり、麓との高低差は約10mある高台に越水城があった。
Read More