カテゴリー 歴史

西田公園

万葉集

兵庫県内で約140首の万葉集に読まれた歌があるが、西国への交通路として重要だった西宮にゆかりのある9首の歌からは、武庫の入江から続く一帯の浜辺には鶴が飛来し、白砂青松の美しい風景の広がる地域であったことが偲ばれる。
Read More
西宮神社 酒ぐらルネサンス

下り酒

昔は京都が日本の都で、江戸へは下ると言った。その京の都のお膝元である灘五郷の酒はとても人気のある美味しい清酒で、 いい酒をいち早く江戸に運び高値で売った。(新酒番船>>)
Read More
S59 西宮北口

全国高等学校サッカー選手権大会と西宮

今は国立競技場で開催されている全国高等学校サッカー選手権大会は、西宮との縁は深い。この大会の前身の日本フットボール優勝大会の第1回大会は1918年1月に大阪毎日新聞社の主催で今の豊中市にある豊中グラウンドで行われている。

Read More
近代歴史遺産

兵庫の近代歴史遺産

2018年、兵庫県政150周年を記念し、幕末~昭和前期の県内にある150の近代化遺産がマップになった。
Read More
北山山荘

北山山荘

北山山荘は西宮市北山緑化植物園の中にある建物で、市内在住の故木村吉太郎氏の寄贈を受け、市制60周年を記念して建設された。建物は京都の北山杉を用いた木造銅板葺平屋建の数寄屋造りで、母屋は二室の広間と立礼席を備え、庭の奥には木村富士子夫人の名にちなんだ「夫盡庵(ふじあん」と命名された茶室が設けられている。
Read More
有馬形便鉄道

十八丁川橋脚(有馬軽便鉄道/国鉄有馬線)

当時は蒸気機関車が走っていた有馬温泉と福知山線三田駅を結ぶ鉄道(国鉄有馬線)>>は、大正4年(1915年)に開通した。 今の有馬川緑道は、その線路の後も活用して整備されているというが、その有馬線の痕跡は、今ではほとんど残っていない。
Read More
多聞ビル

多聞ビルディング

元八馬汽船事務所として建てられたもので、2階を八馬汽船の本社、1階を西宮銀行(その後合併して神戸銀行となり、現在は三井住友銀行)として使用していた。
Read More