カテゴリー 歴史

板石道

板石道

江戸時代、水屋は水の入った樽を大八車で運んだというが、水が溢れて道がぬかるんで大八車が立ち往生しないようにと、酒蔵地帯の一部に板状の石をレール状に並べて敷いていたと言う。
Read More
西宮神社

日本遺産に認定

2020年6月19日、神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市(幹事市)の 5市が申請を行った『「伊丹諸白」と「灘の生一本」下り酒が生んだ銘醸地、 伊丹と灘五郷 』が 日本遺産に認定された。
Read More
鳴尾飛行場 鳴尾競馬場 甲子園

鳴尾競馬場

1907(明治40)年「関西競馬倶楽部」による競馬場が開場し 「鳴尾競馬場」と呼ばれた。(現在の武庫川女子大中高等部あたり)
Read More
西宮神社 酒ぐらルネサンス

下り酒

昔は京都が日本の都で、江戸へは下ると言った。その京の都のお膝元である灘五郷の酒はとても人気のある美味しい清酒で、 いい酒をいち早く江戸に運び高値で売った。(新酒番船>>)
Read More
西宮神社 ルネサンス

新酒番船

江戸時代、灘の新酒を一刻でも早く運ぼうと輸送レースが行われた。 伊丹や灘五郷の酒を積んだ 樽廻船>> 問屋が競った。
Read More
西宮砲台

西宮砲台

香櫨園浜(御前浜)>>にある江戸時代末期の砲台跡。国の史跡に指定。 高さ約12m・内径約17m・壁厚1.21m(1階底部は1.53m)の石造。 外壁は漆喰で塗られ、内部は3層となっている。
Read More
卸売市場

カネテツ

創業の地は西宮。 1926年(大正15年)3月に今の西宮卸売市場内で創業。
Read More
白鹿記念博物館 酒蔵館

宮水を運んだ大八車

灘五郷の日本酒に欠かせないのが、西宮の狭いエリアに湧く 宮水>> 昔は、その宮水を樽に入れて大八車に積んで運んでいた。
Read More
鳴尾飛行場 鳴尾競馬場 甲子園

鳴尾飛行場

その昔、西宮には鳴尾飛行場があった。 1943年、それまで 競馬場>>(1907年開場)だった場所に飛行場を作るため、 周囲にあった浜甲子園阪神パークや甲子園南運動場なども一緒に 海軍に接収された。
Read More
百間樋

百間樋

江戸時代からある用水路の水が西宮の田畑を潤してきた。 市内にあるそんな用水路の一つが江戸時代初期にあった百間樋(ひゃっけんび)。
Read More
アンコ樋跡

アンコ樋跡

武庫川河川敷の甲武橋から南に200メートルぐらいのところに『アンコ樋跡』という甲東文化財保存会の立て札の横に 石で作った何かの基礎のようなものがある。
Read More
武庫川水位計

「文久元辛酉年十一月建之」の水位計@武庫川

上之町、日野町、松並町あたりは、よく氾濫したようだ。 そんな日野町あたりの武庫川河川敷に、「文久元辛酉年十一月建之」と刻まれた水位計が現在も残っているのは、そういう歴史の証人ということだろう。
Read More
西田公園

万葉集

兵庫県内で約140首の万葉集に読まれた歌があるが、西国への交通路として重要だった西宮にゆかりのある9首の歌からは、武庫の入江から続く一帯の浜辺には鶴が飛来し、白砂青松の美しい風景の広がる地域であったことが偲ばれる。
Read More