カテゴリー アート・モニュメント

甲子園駅

阪神パークの名残り

阪神パークの名残は、ららぽーと甲子園のエントランスの英文に記されているが、そのほかの名残はほとんどなくなってきている。
Read More
門戸厄神

「厄神龍王」壁画の謎

2020年にお目見えした、門戸厄神の石板に焼き付けられた「厄神龍王」は、よく見れば数多くのミステリアスな絵があるのが発見出来る。
Read More
宮水庭園

宮水庭園

国道43号線の南、市役所筋を挟んで札場筋から用海筋に宮水地帯は広がっている。 市役所筋を数十m南に下がった左側に「宮水庭園」がある。
Read More
高松ひなた緑地

高松ひなた緑地

阪急西宮ガーデンズのすぐ北に「高松ひなた緑地」がある。 東側のブロックにはこの地域の歴史的なモニュメントがある。 西から「高畑町遺跡」「阪急西宮スタジアム」「ダイヤモンドクロス」の歴史を示すモニュメントだ。
Read More
笹倉鉄平

笹倉鉄平ちいさな絵画館

西宮市能登町にある『笹倉鉄平ちいさな絵画館』は、優しい光の絵を描く、心安らぐ笹倉鉄平の原画に身近に触れて欲しい。」「日常の中で鑑賞者の感性と一緒にいたい。」という想いから生まれた絵画館。
Read More
にしきたショパン

にしきたショパン

近藤修平さん>>が東日本震災復興作品募集を知って書かれた作品「マスター先生」>>が、ご当地映画「にしきたショパン」のきっかけとなった。 近藤さんは、阪神淡路大震災の時にはインフラを支える会社のサラリーマンとして復興に当たった経験を持つ。
Read More
アガペ大鶴美術館

アガペ大鶴美術館

「病院と教会と美術館を造り、心のオアシスを創りたい。」という大鶴昇理事長の思いで、2014年(平成26年)9月にオープンした美術館。 併設の病院の入院患者だけでなく、車いすの人にも利用できるようにと作られている。
Read More
大谷記念美術館

西宮市大谷記念美術館

元昭和電極社長の故大谷竹次郎氏より、土地建物、美術作品の寄贈を受け、1972(昭和47)年11月に開館した美術館。 日本近代洋画、近代日本画、フランス近代絵画を中心とした当初のコレクションに加えて、阪神間を中心とする地元作家の作品や版画も合わせて、1100点以上の作品を収蔵している。
Read More
岡太神社

イノシシ(猪)の狛犬

狛犬(こまいぬ)とは、神社や寺院の入口や本殿・本堂の前などに左右一対で向き合う形で置かれている像で、想像上の生物とされる。普通は獅子や犬に似た形のものが多い。岡太神社の狛犬はイノシシ。
Read More