門戸厄神「

1月18日・19日 厄除け大祭(東光寺門戸厄神)

歴史 神社仏閣

厄神さんの賑わいと参道の名物

門戸厄神では、毎月19日は厄除け例祭といい厄神明王の縁日が開かれるが、毎年1月の18日・19日は特別な大祭であり門前にはたくさんの屋台が軒を連ね、多くの人のお参りでにぎわう。

本来は高野山真言宗のお寺で、名称は「松泰山東光寺」
ご本尊は薬師瑠璃光如来をお祀りしているが、「厄神さん」の呼び名の方が親しまれている。

紫燈護摩供は18日14時からと19日10時から。

限界がはられた大護摩道場で修験者たちによってとり行われる様子は荘厳だ。

1月18日 14時から柴燈大護摩供厳修

1月19日 10時から柴燈大護摩供厳修
14時から厄除祈願法会

周辺の交通規制など、門戸厄神のWEBサイトはこちら➡

【参道の名物】

門戸厄神 門戸厄神 門戸厄神
厄除乃酒「厄神」

厄神さんで厄払いされた、冬季限定のここでしか買えないお酒。 厄年の贈り物として、一緒にお酒を飲むことによって厄を早く飲み干してあげると考えるといい。

あうんサブレ

あずきは福をもたらす陽の色とされ、そこからぜんざいを振舞う風習があったことから、ご祈祷を受けた小豆で作ったサブレが売り出されている。

厄除饅頭

参道のあちこちでは厄除けの饅頭が売られている。ほかほか湯気の立つ熱々をほうばるのもいい。

 

【にぎわう境内の様子】

門戸厄神 門戸厄神 門戸厄神
門戸厄神 門戸厄神 門戸厄神
 

厄神さんで厄除け祈願TOPに戻る

 

著者 : 編集部|J

投稿日時 : 2019-01-13 10:32:39

更新日時 : 2019-01-26 15:29:37

こちらの記事もおすすめです

フォローしてね〜! 西宮流channels

Instagram

@nishinomiya.style
follow us in feedly

西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!