6月29日:南北朝時代(1394年)の創建の海清寺の佇まい

日々コレ西宮

ビワの季節ですね。
海清寺は南北朝時代(1394年)の創建と伝えられる臨済宗の寺院で、禅堂として多くの禅僧を育ててきた西宮市を代表する禅宗寺院です。隣が市役所というまちなかにありながら、クスの大木に囲まれた境内はひっそりと上品な雰囲気に包まれています。

薄田泣菫の『艸木虫魚(老和尚とその弟子)』の中の一遍「老和尚とその弟子」は人間臭い「茶話」の一つですが、舞台はこの海清寺です。

著者 : 編集部|tacoo

投稿日時 : 2018-06-29 00:00:25

更新日時 : 2018-04-26 09:39:43

こちらの記事もおすすめです

    フォローしてね〜! 西宮流channels

    Instagram

    @nishinomiya.style
    follow us in feedly

    西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!