名塩の紙漉き

3月21日:泥を漉き込んだ名塩和紙(雁皮紙)の紙漉き

日々コレ西宮

タグ :

名塩和紙の紙漉き・・・およそ400年前より名塩に伝わる手漉き和紙です。
名塩に産する四種類の土(白・・・東久保土、青・・・力ブタ土、黄・・・玉子土、茶・・・蛇豆土)を、和紙の三大原料の一つである雁皮に漉き込んだ泥入り雁皮紙が名塩和紙です。泥入りという特徴から、燃えにくく変色せずシミがつきにくいといわれ、堅牢性が高いことから保存用紙として高い評価を受けてきました。襖紙用の間似合紙(まにあいあし)として、日本全国の国宝級の襖の下地に使われています。

著者 : 編集部|J

投稿日時 : 2018-03-21 00:00:56

更新日時 : 2018-03-26 11:03:35

こちらの記事もおすすめです

フォローしてね〜! 西宮流channels

Instagram

@nishinomiya.style
follow us in feedly

西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!