2月20日:明治12年に岩倉具視が石灯籠一対を奉納したという名塩八幡神社

日々コレ西宮

タグ :  

名塩八幡神社
だんじりが出る秋祭りと名塩八幡神社の左義長(とんど)は、毎年、多くの人で賑わいます。
「とんど」は成人の日または1月15日に近い祝日に行なわれます。前日までに高さ5m~6mの円錐形にくみ上げられ、篠竹で化粧されたものに早朝4時から点火します。
また、10月19日、20日には秋の例祭が行われ、旧名塩村の8つの地区から地車(だんじり)が出されています。
創設年は不明で、文明年間(1469~1486)以前と推定されていますが、現在確認できる一番古い年号は石の鳥居の寛延4(1751)年の銘です。

著者 : 編集部|tacoo

投稿日時 : 2018-02-19 23:55:44

更新日時 : 2018-03-16 15:23:30

こちらの記事もおすすめです

フォローしてね〜! 西宮流channels

Instagram

@nishinomiya.style
follow us in feedly

西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!