2月15日:谷崎潤一郎の小説『細雪』にも出てくる平松町のマンボウ

日々コレ西宮

タグ :

谷崎潤一郎の小説『細雪』にも出てくる平松町のマンボウです。
まんぼうという呼び名に関しては諸説あるようですが、明治7年に国鉄が開業する際に線路の盛り土の下を用水路が流れるように作ったトンネルで、後に利便性から人が通れるような大きさに作り変えたものをまんぼうトンネルというようです。
細雪に出てくる4姉妹の末っ子の妙子の恋人奥畑が「一本松」のそばに住んでいたことになっています。奥畑もこのマンボウを通っていたのでしょうね。

著者 : 編集部|tacoo

投稿日時 : 2018-02-14 23:55:05

更新日時 : 2018-03-08 12:33:53

こちらの記事もおすすめです

フォローしてね〜! 西宮流channels

Instagram

@nishinomiya.style
follow us in feedly

西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!