日々コレ西宮

3月21日

名塩の紙漉き

名塩和紙の紙漉き・・・およそ400年前より名塩に伝わる手漉き和紙です。
名塩に産する四種類の土(白・・・東久保土、青・・・力ブタ土、黄・・・玉子土、茶・・・蛇豆土)を、和紙の三大原料の一つである雁皮に漉き込んだ泥入り雁皮紙が名塩和紙です。泥入りという特徴から、燃えにくく変色せずシミがつきにくいといわれ、堅牢性が高いことから保存用紙として高い評価を受けてきました。襖紙用の間似合紙(まにあいあし)として、日本全国の国宝級の襖の下地に使われています。

今日の写真

12月11日

阪神高速湾岸線の側道から甲山方面をみた写真です。こうした写真でみると、海と山が近い街というのがよくわ…

新着投稿

おすすめ記事

  1. 鳴尾高校野球部
  2. 甲子園スイーツ
  3. 西宮神社の神前挙式
  4. 甲子園のツタ
西宮北口ハウジングギャラリー
活性リンパオイルマッサージ ボディラボプラス
プレゼント
ようこそ甲子園へ
西宮風景箱 野球場のある風景 好評発売中!
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP