優良事業所

株式会社 コウキ

優れた技術力(製品)



汚染土壌を現場で浄化するプラントの開発

受賞内容



株式会社コウキ

 

産業廃棄物処理や土壌改良で使用される環境プラントの設計・開発・施工から、運転・管理までをトータルサポートできる体制を構築しています。土砂選別処理方法に摩砕洗浄法・高速多層繊維ろ過方式を組み合わせ、従来の1/3の区域で設置可能な土壌浄化プラントを開発し、都市部における汚染土壌の浄化・修復を可能にしました。工事中の騒音・振動を低減させ、浄化業務から発生する2次公害を大幅に削減します。また、有害汚染物質の確実な除去を行い、処理後の砂利・砂を建材としてリサイクル利用するなど、環境への配慮も実現しています 。

「イヤ~、西宮から離れることなんて考えていませんよ。西宮が大好きですから・・・」。
工場機能は加古川にあるという株式会社コウキの杉田光男社長は当然のように力強く答えた。
受賞された「汚染土壌を現場で浄化するプラントの開発」のお話などを宮前町の本社でお聞きした。

コウキ

 

平成13年に、建築用骨材(石・砂・砂利)を作るプラント会社として出発。プラント関係の商社から独立されて創業されたのだという。

「でもね、プラント関連の業種は閉鎖的でね。それで産業廃棄物の分野から始めました。割ったり・潰したり・分けたり・・・ということでは発想は建築用骨材の仕事も同じようなことなんです。」

ただ、この産業廃棄物の業界は、環境問題への注目度とともに、法律がどんどん改正され、以前なら許されていたものが、明日からは規制されるということが頻繁で大変な業界だという。

「でもね、厳しくなったときがビジネスチャンスなんですよ!!」と杉田さん。厳しい時だからこそ、どんな手法でそれを乗り越えるか??が試される。そういう時は、必ずしも大手メーカーがいつも旗振り役!!ということでもないらしい。

「うちのような小さな会社でも、知恵の出し方によって生きていけるんです。」と言いながらも先頭を走り続けないといけないという大変さもあるのだとお聞きした。法律との追いかけっこのような業界の特徴でもあるのだろう。

「そうですね。出来るだけ特許などを申請して抑止力にしないといけないとは思いますが、特許を取るための申請は、費用も労力も大変なので、その申請業務に追われるようでは本末転倒なので・・・。」つらいところのようだ。

今年の4月には、一部改正された汚染土壌対策法が施行される。今は行政のホームページを見たり、研修会に参加したり勉強に忙しい。

汚染土壌の浄化が必要になるのは、病院跡地や工場跡地が宅地となる時などらしい。

    汚染土壌の土地改良には、

  • ①土を入れ替える
  • ②封じ込める
  • ③その場での土の浄化

と、現在3つの方法がある。

コウキ

 

コウキさんが開発された工法は、土砂選別処理方法に摩砕洗浄法・高速多層繊維ろ過方式を組み合わせ、従来の1/3の区域で設置可能な土壌浄化プラントで、都市部における現場での汚染土壌の浄化・修復を可能にした。

「土を入れ替えるということは、その汚染土は産業廃棄物になります。それをダンプで運び出し、全量証明書と産地証明書のついた新しい土をまたダンプで運んでくる。費用としてはこっちの方が安いのですが、都市部ではダンプを大量に走らせるということがまた問題になって来る場合が出てきます。封じ込めも認められている方法なのですが、封じ込めた土地の上の宅地に市場性があるかという問題が出てくるんですね。それで、現場で浄化する方法があるのですが、うちは従来よりはるかに小さい面積で浄化できるプラントを開発したんです。もちろん、機械を作るのは、うちの専門分野ですから、今あるものの組み合わせなどで開発しました。」

「土壌汚染の原因である重金属がイオン化する性質を利用しているんです。」水で洗うのだという。
「機械を小さくするのは簡単なんですが、一番大切な水だけは圧縮できないですから、水を減らすのが大変でした。」
基本は水処理で、汚染物質の種類によって吸着剤を変えていく。

「環境に関する仕事をしだしてから、人生の見方が変わりましたね。」神戸の下町に育ち、西宮の夙川・苦楽園界隈に住みたいという夢も実現し「今は、住む家とかに頓着は無いですね。それより、今は会社が息子のようなものです。この息子を早く成人させたいです。」

 

今回の受賞で社会的な責任もできてきたと感じ、これから、もっと社会に無くてはならない存在にしたいと、話す言葉に熱がこもっていた。阪神競馬場の砂を洗ったことがあるという話から、公園の砂場の砂を洗うためのコンパクトな機械の開発って可能でしょうか??という話になった。

「10トン車が2台あれば出来ますよ!!」と即答で返ってきた。「もし、西宮市さんが取り組まれるというのであれば、全力でお手伝いしますよ!!」
実現するのかどうか分からないが、夢のある話で盛り上がったことがうれしかった。

株式会社 コウキ 代表取締役社長:杉田光男

株式会社 コウキ 代表取締役社長:杉田光男

 

株式会社 コウキ

住所:兵庫県西宮市宮前町1-2

電話:0798‐38‐1312

代表取締役社長:杉田光男

ホームページ:http://www.koki-corp.com/

今日の写真

9月22日

越木岩神社の例大祭(れいたいさい)の祭典としてだんじり巡行が今日と明日の二日間行われています。苦…

新着投稿

おすすめ記事

  1. 船坂里山学校
  2. 福男
  3. 甲子園スイーツ
  4. 涼宮ハルヒの憂鬱 聖地 西宮北口公園 ハルヒ時計
プレゼント
ようこそ甲子園へ
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP