ビジネスに役立つ!正しいブログのやりかた

ビジネスに役立つ!正しいブログのやりかた

西宮流 ウェブ指南ではこれまで「ブログは大事!」「検索対策にも使える」ってお伝えしてきました。

でもビジネスに役立てるためのブログって、実際にはどうやったらいいのか。そこでこの記事では、ブログの基礎知識と、ブログをどのように用意するか?という全体的なお話をお届けします。

当記事をお読みのみなさまは、ネットの力を商売に役立てたい!と思っていらっしゃるはずなので、それを前提とした記事であることをご理解の上お読みください。

目次

「正しいブログのやり方」なんてあるの?

「そもそも『正しいブログのやり方』なんてあるのか?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。商売の仕方なんか人それぞれ自由だろ!たしかに。もちろん、世の中のいろんな人がブログをやっています。目的も書いている内容もさまざま、人それぞれです。

でもね、ウェブサイトをビジネスに役立てる方法って、じつはすでにある程度のやり方が確立されているんですよね。もちろんビジネスブログもね。知らなきゃ損しちゃうこと、あるんですよね〜。

ひと昔前に「ブログとは、ネット上の日記である」という説明がよく流通していたためか、一般個人の日記ブログや芸能人ブログを参考にして運営していると思われるビジネスブログを見かけます。そんな記事書いても商売の役には立たないのになあ、と、プロからみると残念に思うことがままあります。

みなさまは、個人の日記ブログや芸能人のブログを真似してはなりません。すべきことは他にあります。それを、覚えておいてくださいね。

もちろん、個人の趣味でブログをやりたいのなら、それはそれでいいんですよ!でも、その場合はお店のブログと個人のブログを別に持ちましょうね。

ブログとは、単に仕立てかたの呼び名である

まずは基礎知識ということで、「ブログ」という言葉について理解しましょう。

Wikipediaで「ブログ」のページを読みますと、「ウェブサイトの一種である」と書かれています。「ウェブサイトの一種」ってことは、「ウェブサイト」のほうが「ブログ」よりも大きなくくりってことですね。

ブログの語源は「ウェブ ログ」です。ログとは記録のこと。もともとは、ニュースサイトの記事などから気になったものをリンク付きで紹介するような用途ではじまりました。そこで毎日更新がしやすいように、ウェブブラウザ上で文章を書いて保存できるようなしくみがつけられました。こういうしくみの元に作られているウェブサイトをブログと、今日では呼んでいます。

ブログとはウェブサイトとは違う何か特別なもの、と認識している人もいるかもしれませんが、そうではなく、単にウェブサイトの仕立てかたを指す用語である、というところがポイントです。

「ブログ」と「公式サイト」の役割

以前の記事でもお伝えしたのですが、かんたんにおさらいしておきましょう。ブログと公式サイトは、それぞれ別の役割があって、公式サイトの弱点をブログでおぎなって、公式サイトに人が流れるように使います。

お店の情報を端的に伝えるいわゆる会社案内的なサイトを、西宮流 ウェブ指南では「公式サイト」と呼んでます。公式サイトはカタログ的な作りにせざるをえないので、ページ数はあまり多くなりません。したがってネット検索で引っかかるチャンスが少なめです。

なのでブログでページ数を増やし、検索にひっかかるチャンスを増やし、そして公式サイトに人が流れるようにする、ひいては問い合わせや来店につなげる、というのが両者の役割です。ちなみに各種SNSアカウントとか広告も、結局は公式サイトに来てもらうためのものなんですよね。

ビジネスブログに何を書くか

ブログにどんな記事を書くか。基本のポイントはひとことで言えます。それは「誰かの役に立つ内容」、言ってみればノウハウです。

  • おすすめ例→「美容師が書く、正しいシャンプーのしかた」「野菜ソムリエが書く、おいしいキャベツの見分けかた」「菓子店店主が書く、シーン別・贈答品のお菓子の選び方」
  • NG例→「話題のお店にランチに来ました!」「うちのプードルかわいい」

ノウハウ記事はとってもイイ子なんですよ。人の印象に残りやすくて、SNSでシェアもされやすく、検索にも強い!しっかりお商売の役に立ってくれるはずです。

»くわしくはこちらの記事で→ビジネスブログにはどんな記事を書くべき?答えは「誰かの役に立つノウハウ」 – 西宮流 ウェブ指南

ブログをどうやって用意するか

それから、ブログをどこでやるか、どのようにして設置するか、というお話。

ブログというと無料レンタルブログサービスを思い浮かべる人が多いと思います。Amebaブログ、SeeSaa、Livedoorなど。ですが、自分だけのブログシステムを持つこともできます。

ビジネスブログには、無料レンタルブログはおススメしません。特におススメしないのがAmeba(アメーバ)ブログで、ビジネスブログには最も向いていないサービスとして、プロの間では有名です。
»(理由はまた別記事でまとめます)
(※補足:すでにAmebaブログを持っている方へ。ダメなんだ!?って慌てて削除しないでくださいね。個人用やSNS代わりとして運用する方法もあるし、新しくビジネスブログを作ったあとにそのまま残しておいても問題ありません。)

ではなにがおススメかというと、こちら。「独自ドメインと自前サーバーを契約購入して、自分だけのブログシステムを用意する」。間違いなくこれがベストです。WordPressって聞いたことありますか。あれです。

理由は主に独自ドメインの重要性で、加えて公式サイトとビジネスブログは同じドメイン内にあるべきこと、など。これ以上はちょっと難しい話になってしまうので割愛しますが、とにかく、ベストは自前ブログだってことだけ、覚えておいてくださいませ。

自前のブログシステムを持つには、レンタルサーバーとの契約が必要です。レンタルサーバーの料金は月数百円から数千円程度です。それからデザインや機能の調整が必ず必要なので、実際にはウェブサイト制作業者に有料でお願いすることになるでしょう。

「公式サイト」はやはり必要です

さて、仮にブログの設置が済んだとします。そして近い将来、あなたの書く記事も徐々に洗練され、お客様の心をつかむ、すてきな記事を書くことができたとしましょう。

ブログの役割を思いだしてください。それは公式サイトへ人を集めること。だからそのブログには公式サイトへと誘導するリンクが、どこかに必ず入っているはずです。

でも、もし、公式サイトがなかったら……?そのすてきな記事から誘導した先がFacebookページだったり、食べログの店舗ページだったとしたら……?

お客様はなんかがっかりしちゃうんですよ。え、公式サイトないのかよ……!って。

いまのご時世、店主よりもお客様のほうがウェブに詳しいなんてこと、多々あります。無料ブログとFacebookページで済ませていると「うわこの店、宣伝費ケチってんで〜w」なんて見方をされたりもする。そんなの悲しいでしょ?せっかくがんばってやってるのに。

でも独自ドメインのついた公式サイトを持っていれば、お客様はこう思う。「ってことは、ここの店はちゃんと商売してはんねんな」って。そんな世の中なんですね。

だからお金をかけてでも、公式サイトを持ったほうがいいんです。もしウェブサイト制作業者にこれから依頼するのであれば、ブログと公式サイト、合わせて構築してもらうといいでしょう。
もしよろしければ、西宮流までご相談くださいね。

まとめ

では、おさらいです。

  • 個人ブログや芸能人ブログを真似してはならない。
  • ビジネスブログの記事、書くべきことは「誰かの役に立つこと」。
  • ブログは無料サービスなどを使わず、自前でCMSを用意するのがベスト。
  • ブログだけじゃなく「公式サイト」も必要。

現在ブログをやっている方は、ブログサービスの使い方は覚えたことでしょう。ログインのしかたや、記事の書きかた。でももう少し踏み込んで、その役割についてまでもよく理解した上で運営していただくと、より商売の役に立ってくれること、まちがいありません。

では次回もお楽しみに!

著者

西宮流 ウェブ指南

Factory70代表/イラストレーター/ウェブディレクター。西宮市出身(広田小)。西宮流さんとは、ウェブサイト制作やデザインなどいろんなお仕事をお手伝いさせていただいている間柄です。

ウェブサイト: http://factory70.biz

西宮流の最新情報はこちら

西宮流の更新情報は各種SNSでお知らせしています。SNSをフォローしたり、RSSリーダーに登録しておくと、わざわざブログを見に来なくても最新情報が受け取れますよ。お好きな方法でチェックしてくださいね!

アンケートにご協力ください

読者のみなさまへ…もしよろしければ、かんたんなアンケートにご協力ください。
はじまったばかりのコーナーなので、どんな記事を書くか模索中です。ぜひご協力よろしくお願いします!

*の項目は必ずご記入ください。