【第1回写真展 西宮まつり】市制30周年記念行事 市民仮装行列コンクール

各回の特別企画は第1回が飛行機から宝まき、第2回マーキュリー歌手市中行進、第3回市民仮装行列コンクール、第4回ミスター恵比須・大黒の選定、第5回酒豪コンクールと南北対抗野球大会(大阪タイガース対阪急ブレーブス)、第6回連合体育大会。
市制30周年を記念して行われた市民仮装大会行列コンクールは各チーム趣向を凝らし競い合った。①関八州の仮装②インディアンと酋長③源為朝④龍宮とたこ踊り⑤元禄花見踊がエントリーする。

「インディアンと酋長」

「インディアンと酋長」

六軒町の人々9名出場。奇抜な構成がうけた。

「インディアンと酋長」

「インディアンと酋長」

「源為朝」

「源為朝」

敷島劇場代表、神戸広告宣伝社社員5名が出場。西宮神社でのひとコマ。張りぼての大きな顔での行列はさぞかし大変だったろう。

「龍宮とたこ踊り」

「龍宮とたこ踊り」

市役所前庭ロータリーで。西宮専門店会、2組計22名で出場。とても人気のあった行列。たこの手の先に鈴がついている。

「龍宮とたこ踊り」

「龍宮とたこ踊り」

阪神国道を行くたこ。手先に鈴がついていて歩くたびにチリチリ音がする。

「元禄花見踊」

「元禄花見踊」

馬場町の人々13名出場。女性はただ一人という意外さ。