*

八幡信仰の展開と朝廷

      2017/08/11

第50回西宮市内博物館等連携講座  2017年8月10日(木)
「〈古代・中世の神々1〉八幡信仰の展開と朝廷」
(講師・大手前大学史学研究所の田村正孝さん)を聴講した感想をご紹介します。

前回は聴講者が会場いっぱいになったので、今回は大学が夏休み中なので
アートセンターの教室での開催となりましたが80人余りの参加で盛況でした。

八幡信仰は日本の神社の中で一番多く、二番は伊勢信仰、三番は天神信仰です。
西宮にも旧鳴尾村・旧下大市村・旧芝村・旧高木村・旧上ヶ原新田・旧名塩村・
旧段上村と多くの八幡神社があります。

その始まりは宇佐八幡宮で、飛鳥時代に現れた山岳信仰の神とも渡来系の神とも
いわれる八幡神で、九州の一地方の神様だったそうです。
それが隼人征伐に力を貸したとか、奈良時代に聖武天皇が大仏建立するときに
黄金が国内から産出すると託宣したとか、僧道鏡が太政大臣となり皇位簒奪を
目論んだとされるときに皇統を守る託宣をしたとか、いろいろな逸話によって
神様の性格(ご利益?)が多方面に広がっていったようです。

その後、八幡神という神様だったのが応神天皇と同一視されその母神功皇后と
妃で八幡三神として皇位を守る神様として中央政権に係わり深い神様になりました。
さらに平安時代初めには京都に勧請され石清水八幡宮ができ、平安時代後期には
源氏の氏神として石清水から鎌倉に勧請され鶴岡八幡宮ができて、それぞれが
さらに勧請されて全国的に信仰が広まっていったそうです。

———————————————————

次回は第51回西宮市内博物館等連携講座
「考古資料からみる中国古代史の裏側」 2017.9.14.(木) 13:30~15:00
講師:石谷慎(黒川古文化研究所研究員)
http://www.nishi.or.jp/contents/0002037400040004800699.html

 

 

 -大手前大学史学研究所, 西宮市内博物館等連携講座,

  関連記事

no image

平成24年度西宮連携講座

「西宮博物館・資料館連携講座」とは、西宮市内の博物館や美術館が連携して さまざまな情報発信をするとい

考古学における用途認定―入門考古学3―

第48回西宮市内博物館等連携講座  2017年6月8日(木) 「考古学における用途認定―入門考古学3

18世紀の古文化財調査 『集古十種』刀剣篇の成立過程

第39回西宮市内博物館等連携講座  2016年9月8日(木) 「18世紀の古文化財調査 ―『集古十種

横穴式石室副葬品と死者の世界-大手前大学発掘古墳の出土品からー

第34回西宮市内博物館等連携講座  2016年2月3日(水) 「横穴式石室副葬品と死者の世界-大手前

no image

平成25年度西宮連携講座開催予定

昨年度から始まった「西宮博物館・資料館連携講座」の平成25年度の日程がわかりました。 春夏に開催がな

考古学とは何か -入門考古学1-

第33回西宮市内博物館等連携講座  2016年1月20日(水) 「考古学とは何か-入門考古学1-」(

江戸時代の西宮神社における武家の参詣

第47回西宮市内博物館等連携講座  2017年2月2日(木) 「江戸時代の西宮神社における武家の参詣

弥生時代集落の特性について

第49回西宮市内博物館等連携講座  2017年7月13日(木) 「弥生時代集落の特性について」 (講

徳川期東六甲採石場における西国大名の石切り

第44回西宮市内博物館等連携講座  2016年12月1日(木) 「徳川期東六甲採石場における西国大名

江戸時代の念仏行者

第35回西宮市内博物館等連携講座  2016年2月17日(水) 「江戸時代の念仏行者」 (講師・西宮