*

平成29年度西宮連携講座開催予定

   

「西宮市内博物館等連携講座」とは、西宮市内の博物館や美術館が連携して
さまざまな情報発信をするという目的で平成24年度からはじまりました。
今年度も大手前大学史学研究所・黒川古文化研究所・辰馬考古資料館・
西宮市立郷土資料館・西宮神社文化研究所・白鹿記念酒造博物館の6機関が
大手前大学史学研究所オープン・リサーチ・センターを主会場に開催します。

平成29年度 西宮市内博物館等連携講座 開催予定
事前申込不要 当日先着50人定員 基本として聴講無料
詳細は西宮市HPで
http://www.nishi.or.jp/contents/0003919900040004800699.html

第48回  2017年6月8日(木) 13:30~15:00
考古学における用途認定―入門考古学3―
講師:上原真人(辰馬考古資料館館長)

第49回  2017年7月13日(木) 13:30~15:00
弥生時代集落の特性について
講師:西川卓志(西宮市立郷土資料館学芸員)

第50回  2017年8月10日(木) 13:30~15:00
〈古代・中世の神々1〉八幡信仰の展開と朝廷
講師:田村正孝(大手前大学史学研究所研究員)

第51回  2017年9月14日(木) 13:30~15:00
考古資料からみる中国古代史の裏側
講師:石谷慎(黒川古文化研究所研究員)

第52回  2017年10月12日(木) 13:30~15:00
古代中国文化と倭の接点―楽浪郡の考古学
講師:森下章司(大手前大学史学研究所所長)

第53回  2017年11月9日(木) 13:30~15:00
武家故実家・伊勢貞丈とその周辺―18世紀における古武具研究のありさまー 
講師:川見典久(黒川古文化研究所研究員)

第54回  2017年12月14日(木) 13:30~15:00
丹波杜氏の酒造り
講師:大浦和也(白鹿記念酒造博物館学芸員)
※この回のみ白鹿記念酒造博物館にて開催・要入館料

第55回  2018年1月11日(木) 13:30~15:00
弥生時代の武器と戦い
講師:瀬尾晶太(西宮市立郷土資料館学芸員)

第56回  2018年2月8日(木) 13:30~15:00
弥生青銅器の併行関係論その1
講師:青木政幸(辰馬考古資料館学芸員)

第57回  2018年3月8日(木) 13:30~15:00
江戸時代における十日えびすとその変遷
講師:松本和明(西宮神社文化研究所研究員)

 

 

 -大手前大学史学研究所, 白鹿記念酒造博物館, 西宮市内博物館等連携講座, 西宮市立郷土資料館, 西宮神社文化研究所, 辰馬考古資料館, 黒川古文化研究所

  関連記事

舟形石棺と埋葬施設の関連性

第20回西宮市内博物館等連携講座 「舟形石棺と埋葬施設の関連性について」 2014年11月12日(水

中国絵画の樹木表現とその意味について

第16回西宮博物館・資料館連携講座「中国絵画の樹木表現とその意味について」 2014年3月5日(水)

相つぐ「銅鐸」発見の中で考古学は

第7回西宮博物館・資料館連携講座 「相つぐ「銅鐸」発見の中で考古学は」 2012年12月12日(水)

考古学における用途認定―入門考古学3―

第48回西宮市内博物館等連携講座  2017年6月8日(木) 「考古学における用途認定―入門考古学3

120530CIMG8401s

銅鐸研究の「同期」化

第2回西宮博物館・資料館連携講座 「銅鐸研究の『同期』化~精緻を極める銅鐸研究の整理を試みる~」 2

鐔(つば)・刀装具の世界

第4回西宮博物館・資料館連携講座 「鐔(つば)・刀装具の世界」 2012年9月15日(土)を聴講した

考古学とは何か -入門考古学1-

第33回西宮市内博物館等連携講座  2016年1月20日(水) 「考古学とは何か-入門考古学1-」(

酒米の王者「山田錦」について

白鹿記念酒造博物館で「傘寿を迎えた酒米の王者「山田錦」について」 という 特別講演会を聞いてきました

首を伸ばした土偶-館蔵の亀ヶ岡出土品をめぐって-

第10回西宮博物館・資料館連携講座 「首を伸ばした土偶-館蔵の亀ヶ岡出土品をめぐって-」 2013年

近世酒造史研究を顧みて

第13回西宮博物館・資料館連携講座 「近世酒造史研究を顧みて」 2013年12月25日(水)を聴講し