*

調査団月例会・140614・写真の撮り方

      2014/09/09

毎月第二土曜日は西宮歴史調査団の定例会で、各班のメンバーが郷土資料館に
集まり勉強会や各班の打ち合わせなどします。

今回は写真の撮り方についての再確認の勉強会でした。

私がこのブログで使用している写真は「調査活動の様子」を紹介しているので、
スナップ写真とかメモ代わりのような写真がメインになります。
ただ、調査をしていく中では写真で記録保存するということも重要な作業なので、
いつ誰が見ても情報がきちんと読み取れる写真を残す必要があります。

例えば下の左の写真は、石造物の後ろに人物が写ってしまっています。
ここまであからさまでなくとも、背景の向こうの方に小さく人が写り込んでるとか、
手前に調査道具やカバンがちらっと写ってるとか、気づかずに撮っていたりします。

120528CIMG8378 120528CIMG8379

また、後ろに人物がいなくても左の写真は画面いっぱいに石造物が写っていて、
プリントしたときに上下が切れて仕上がることがあるので、右の写真のように
充分な余白をとって撮影する必要があります。

他にも、光の加減とか手ぶれとか注意する点はいくつもあるので、デジカメでは
撮ったその場で状態を確認したり、保険をかけて同じ写真を何枚か撮っておく
というのも重要な作業になります。

 

.      -活動日2014.6.14.(土)  郷土資料館にて-

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -.活動報告

  関連記事

調査団 定例会・160514・文化財のツボ

西宮歴史調査団では各班の活動の他に全体で集まって打合せをしたり勉強会をしたり していますが、今までに

2012.4.14.

平成24年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団は、市民が主体となって市内に点在する文化財を調査し その成果を書物や展覧会などで発表す

平成26年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団は、市民が主体となって市内の身近なところにある 文化財を調査して 記録に残し、その成果

尼崎郷土史研究会へ

先日、西宮歴史調査団の団員が学芸員と一緒に尼崎へ行ってきました。 そこで尼崎郷土史研究会の石造物学習

H25年度西宮歴史調査団活動報告会

今年度も西宮歴史調査団活動報告会がありました。 2014年3月8日(土) 9:30~12:00  西

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

西宮歴史調査団

調査団と歩く今津・甲子園

西宮歴史調査団は、市内の身近にある文化財を全て調査して記録に残していく事を 目的にしている市民ボラン

昌林寺

西宮歴史調査団の月例会で、JR西宮の少し南にある津門の昌林寺に 文化財見学に行きました。

西宮歴史調査団の過去・現在・未来

さくらFMで放送中の「西宮徹底解剖」7月のテーマは西宮歴史調査団です! 古文書班・石造物班・橋梁班・

北摂一の軍師 田近新次郎

西宮市立北口図書館で開催中の「西宮歴史”発見”物語」の展示に関連して、 「第