関西学院上ヶ原ハビタット

「地球の屋根は空ひとつ」 私たちは世界の貧困居住問題に取り組む、関西学院大学のボランティアサークルです。

「未来へつながる1歩」

      2016/05/26

こんにちは!

この度、西宮流で連載させていただけることになりました関西学院大学公認国際ボランティアサークル、関西学院上ヶ原ハビタットです。

私たちは、アメリカに本部を持つ、国際NGO団体「Habitat For Humanity」の学生支部として活動しています。

初めての投稿ということで、私たちの概要について簡単に説明させていただきます。

~活動紹介~

私たちの活動は海外活動と国内活動の大きく二つに分けられます。

海外活動では、インドネシアやタイなどの発展途上国で行う「家建築活動(GV)」をはじめ、フィリピンの小学校や孤児院で授業などの文化交流を行う「小学校・孤児院支援活動(RIN)」の二つがあります。

国内活動では、「東日本大震災復興支援活動」や広報啓発活動として自転車で各地の高校をまわる「ちゃりんこプレゼン」を行なっています。

~団体理念~

私たちの活動の理念、それは「Sublimotive」というものです。

「Sublimotive」とは、「Subilimation(昇華)」と「Motive(動機・きっかけ)」の二語を組みあわせた造語です。

関西学院上ヶ原ハビタットが、メンバーにとっても、そしてそれ以外の多く人々にとっても、何かを考えたり始めたりするきっかけとなり、そのきっかけを掴んだ人たちが、気付いたことや思いを関西学院上ヶ原ハビタットによって昇華できる場、又その場を提供することを目指す、という意味が込められています。

 

この団体理念のもと、私たちはこの連載を通じ、

「未来へつながる一歩」

を1つのテーマとして記事を投稿させて頂きます。

関西学院上ヶ原ハビタットのメンバーが、活動や団体を通じて得たものを発信することで、読者のみなさまの何かの「きっかけ」づくりができればと考えています。

そして、その「きっかけ」が「誰かのため」の「未来へつながる一歩」になると考えています。

 

「大学生の私たちにもできることがある」

そう信じ、拙い文章ながらも連載させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

GV 画像

家建築活動(GV)

RIN 画像

小学校・孤児院支援活動(RIN)

関西学院上ヶ原ハビタットホームページ「http://uegaharahabitat.web.fc2.com/」

 

 

 

 - 団体紹介 , ,