「春フォト」へのご投票ありがとうございました。
皆様のネット投票により選ばれた栄えある上位20選の発表をいたします!
どれも見ごたえのある作品ばかりで心癒されます。


〔タイトル〕 桜のトンネル
〔コメント〕 西宮浜マリナパークシティで体感できる鮮やかな桜のトンネルです。
〔撮影場所〕 西宮浜マリナパークシティ
〔撮影日時〕 2008年4月6日
〔撮 影〕 S.M

〔タイトル〕 津門川と桜
〔コメント〕 地元で愛されている昔からある津門川。桜の季節には川沿いが桜の木のベールでおおわれていてとても安らぎます。
〔撮影場所〕 2号線より南の津門川
〔撮影日時〕 2008年4月3日
〔撮 影〕 クランベリー

〔タイトル〕 甲山の頂上に昇る朝陽
〔コメント〕 この季節、朝陽は甲山の頂上から上ります。
〔撮影場所〕 北山貯水池
〔撮影日時〕 2008年6月2日
〔撮 影〕 M&M

〔タイトル〕 ピンクの春の使者
〔コメント〕 桜より若干早く、よりピンク色で目を楽しませてくれるのがこの深谷公園の花桃です。それ故この公園は別名花桃公園とも呼ばれています。
〔撮影場所〕 深谷公園
〔撮影日時〕 2008年4月4日
〔撮 影〕 水田 正治

〔タイトル〕 西宮浜の桜
〔コメント〕 生活圏のなかにある桜は一段と美しい
〔撮影場所〕 西宮浜マリナパークシティ
〔撮影日時〕 2008年4月6日
〔撮 影〕 S.M

〔タイトル〕 学園花通り
〔コメント〕 関学前の道は新入生の期待とともに春を迎える
〔撮影場所〕 関西学院大学前
〔撮影日時〕 2008年月 日 
〔撮 影〕 T.A

〔タイトル〕 西宮の名桜
〔コメント〕 桜・清らかな水・青茂った緑が融合している西宮の桜の名所の1ヶ所だと思います。バックには甲山もみえております。
〔撮影場所〕 夙川公園
〔撮影日時〕 2008年4月6日
〔撮 影〕 東峯 誠

〔タイトル〕 さくら列車
〔コメント〕 夙川駅近く 雲居(くもゐ)橋から撮影しました。
〔撮影場所〕 夙川駅近く
〔撮影日時〕 2008年 月 日
〔撮 影〕 T.A

〔タイトル〕 噴水と新緑の甲山
〔コメント〕 西宮のシンボルの一つ、新緑の甲山です。公園の噴水が新緑を引き立たせています。
〔撮影場所〕 甲山森林公園
〔撮影日時〕 2008年4月25日
〔撮 影〕 いなつぐ

〔タイトル〕 裏六甲の風景
〔コメント〕 西宮市北部の雄大な景色を見て欲しい
〔撮影場所〕 山口町生産緑地地区
〔撮影日時〕 2007年4月4日
〔撮 影〕 仲佳子庵

〔タイトル〕 西宮の名桜
〔コメント〕 水面に近い位置でで撮影しました。桜そしてお花見をしてる方々が水面に写っており、にぎやかな春のワンショットになりました。
〔撮影場所〕 夙川公園
〔撮影日時〕 2008年4月6日
〔撮 影〕 東峯 誠

〔タイトル〕 名塩川のサクラ
〔コメント〕 自然の風景の残る名塩川と満開のサクラ
〔撮影場所〕 名塩川
〔撮影日時〕 2008年4月8日
〔撮 影〕 うえむら

〔タイトル〕 甲子園会館の桜
〔コメント〕 甲子園会館(旧甲子園ホテル)の南庭園の池は、桜と紅葉の新緑が入り乱れる美しさがかもし出されています。
〔撮影場所〕 甲子園会館の南庭園
〔撮影日時〕 2008年4月8日
〔撮 影〕 N.Y

〔タイトル〕 枝垂れ桜
〔コメント〕 北山貯水池の中に咲く枝垂れ桜。水を背景に咲く姿はとても綺麗です。
〔撮影場所〕 北山貯水池
〔撮影日時〕 2008年4月12日
〔撮 影〕 アキラ

〔タイトル〕 夙川の桜
〔コメント〕 翠橋から見る桜の風景が好きで、毎年見に行きます。花びらが散って川を流れる風景も好きです。
〔撮影場所〕 夙川翠橋
〔撮影日時〕 2008年4月15日
〔撮 影〕 みみずく

〔タイトル〕 門戸厄神の八重桜
〔コメント〕 例年、厄除け大祭に行くだけだったので、こんなに桜が咲くとは知りませんでした
〔撮影場所〕 門戸厄神
〔撮影日時〕 2008年4月22日
〔撮 影〕 さくら

〔タイトル〕 さくらのトンネル
〔コメント〕 西宮で桜の名所と云えば夙川がまず浮かびある、夙川でもここのさくらのトンネルは圧巻です。
〔撮影場所〕 夙川右岸下流
〔撮影日時〕 2008年4月8日
〔撮 影〕 橋本 昭明

〔タイトル〕 仁川花桟敷
〔コメント〕 地すべり跡地に今は芝桜が咲き乱れていますが、ここを訪れたなら資料館へも行って学んで頂きたいと思います。
〔撮影場所〕 仁川花桟敷
〔撮影日時〕 2008年 月 日
〔撮 影〕 S.K

〔タイトル〕 鯉のぼり泳ぐ
〔コメント〕 このあたりから下流へ向かってたくさん泳いでいました
〔撮影場所〕 夙川 (夙川公民館付近)
〔撮影日時〕 2008年4月30日
〔撮 影〕 さくら

〔タイトル〕 水上タップダンス
〔コメント〕 そろそろ春めいた雰囲気になり西宮ヨットハーバーの海水もぬるんできたのだろう。待ちわびていた魚が歓喜をあげる。
〔撮影場所〕 西宮ヨットハーバー
〔撮影日時〕 2007年4月7日
〔撮 影〕 鈴木 英夫

  • 新西宮観光100選 夏の西宮
  • 新西宮観光100選 秋の西宮
  • 新西宮観光100選 冬の西宮
  • 新西宮観光100選 いつも素敵な西宮
  • 兵庫県西宮市
  • 西宮観光協会
  • 地域ポータルサイト 西宮流(にしのみやスタイル)

Copyright(C) Nishinomiya City & Nishinomiya Style All rights reserved