日々コレ西宮

3月21日

名塩の紙漉き

名塩和紙の紙漉き・・・およそ400年前より名塩に伝わる手漉き和紙です。
名塩に産する四種類の土(白・・・東久保土、青・・・力ブタ土、黄・・・玉子土、茶・・・蛇豆土)を、和紙の三大原料の一つである雁皮に漉き込んだ泥入り雁皮紙が名塩和紙です。泥入りという特徴から、燃えにくく変色せずシミがつきにくいといわれ、堅牢性が高いことから保存用紙として高い評価を受けてきました。襖紙用の間似合紙(まにあいあし)として、日本全国の国宝級の襖の下地に使われています。

今日の写真

11月23日

さくら100選に選ばれている夙川公園ですが、最初は昭和の初めに地域住民も寄付金をだして松林の公園が整…

新着投稿

おすすめ記事

  1. 西宮北口 涼宮ハルヒの憂鬱 ファンの聖地 ハルヒ時計
  2. キセキの葉書
  3. 甲子園スイーツ
  4. 福男
西宮北口ハウジングギャラリー
活性リンパオイルマッサージ ボディラボプラス
プレゼント
ようこそ甲子園へ
西宮風景箱 野球場のある風景 好評発売中!
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP