日々コレ西宮

1月30日

苦楽園四番町にある下村海南氏の歌碑の写真。
下村海南は大正10年9月朝日新聞入社と同時に、苦楽園五番町に1500坪におよぶ広大な邸宅を構え、雅号と故郷紀州の見えるところから「海南荘」と命名していました。後に海南の屋敷跡を買い取った堀江氏によって、昭和12年に海南の直筆の歌碑が建てられたようです。
歌碑があったところは公園となり、今ではすっかち住宅地に変貌しています。

おすすめ記事

  1. まちなみ発見クラブ
  2. 福男
  3. 山澤工房
  4. 鳴尾高校野球部
西宮北口ハウジングギャラリー
西宮風景箱 野球場のある風景 好評発売中!
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP