その他

西宮初の『まちライブラリー』甲子園と西宮北口の二か所で開設

西宮流まちライブラリー

『まちライブラリー』ってご存知ですか??
2011年春からスタートし、現在、全国で200カ所近く(東京、大阪、埼玉、名古屋、兵庫、奈良など)で展開していて、まちのカフェやギャラリー、オフィスや住宅、お寺や病院などの一角に共通の本棚を置き、そこにメッセージ付の「本」を持ち寄り、交換しながら 「人」の縁をつむいでいくという、本を媒体にした活動です。
全国のあちこちで、大小さまざまな形態のまちライブラリーが展開されていますが、今回、西宮初のまちライブラリーを甲子園と西宮北口の二か所で立ち上げます。

西宮市情報発信スペース・クリエートにしのみや」(ららぽーと甲子園2F)と沿線コミュニティベース スタジモにしのみや」(阪急西宮ガーデンズ5F TOHOシネマズ西宮OS横)が、「まちライブラリー」と連携して本とのふれあいによるコミュニティづくりを増やしていくムーブメントを、協働して起こしていきます。
西宮流まちライブラリー 西宮流まちライブラリー

「まちライブラリー」とは、
場所を作って  呼びかけて本を持ち寄り  持ち寄った本には寄贈者のメッセージを記入し  次々と読んだ人がメッセージを重ねていき  本をきっかけにお話しが出来たり、寄り合いが開かれたり  持ち寄った本で小さな本棚(まちライブラリー)がその街に増えていき  その本がきっかけで小さなコミュニティができる。というものです。
現在全国各地にある「まちライブラリー」は、実はいろんな形態で、それぞれが展開されており、規模の大小も様々です。

西宮で最初に立ち上げる二か所もそれぞれ特徴があり、「西宮市情報発信スペース・クリエートにしのみや」では、西宮流(にしのみやスタイル)の蔵書の中で「西宮に関連する本」を「西宮流まちライブラリーとして本棚に置き、自由に閲覧していただける場所としてご提供します。(貸し出しはしていません)
西宮流まちライブラリー

また「沿線コミュニティベース スタジモにしのみや」では、西宮での子育て、起業、まちの活性化など様々なテーマによる読書会をメインにした「スタジモにしのみや まちライブラリー」の取組を予定しています。
スタジモにしのみやfront

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西宮風景箱

今日の写真

7月24日

ニテコ池も西宮の写真スポットの一つでしょうね。南北に並ぶ3つの貯水池の総称です。この名前の由…

新着投稿

おすすめ記事

  1. 甲子園スイーツ
  2. 西宮神社の神前挙式
  3. とおかし
  4. 西宮北口 涼宮ハルヒの憂鬱 ファンの聖地 ハルヒ時計
西宮北口ハウジングギャラリー
活性リンパオイルマッサージ ボディラボプラス
西宮風景箱 野球場のある風景 好評発売中!
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP