ビエンナーレ

船坂ってこんなとこ

船坂

船坂は、有馬温泉の入湯路である有馬街道の中継地として集落が形成されてきた。有馬街道は、生瀬から太多田川に沿って船坂を抜け有馬温泉に至る街道である。
船坂の地名の由来は、洪水で埋没していた有馬温泉を1191年に復興した仁西上人が、温泉の湯舟をこの地で求めて以来「舟坂」と呼ぶようになったと言い伝えられている。

船坂

船坂では、太多田川が造った礫質の河岸段丘での畑作農業が盛んで、とりわけ 標高約400mの高地の昼夜の温度差の大きい気候の船坂では甘みの多い野菜が栽培される。昭和50年頃までは、パセリの産地として有名で大阪の台所を支えた。
船坂パセリ
また、六甲山から吹き下ろす冷たい風を利用した寒天づくりも盛んなところで、 明治18年頃から始まり昭和初期にピークを迎え、平成10年頃を最後にすべての工場がなくなった。

船坂 船坂

1992年に西宮北有料道路(盤滝トンネル)が開通し、 2009年4月からは「さくらやまなみバス」が西宮市の南部と山口町・有馬温泉を結んで走っている。西宮北有料道路を北に抜けた所に位置する船坂は、阪急夙川 駅からさくらやまなみバスでも30分程で着く立地。

2010年3月に惜しまれつつ閉校した旧船坂小学校だが、山に抱かれた木造校舎の有効利用と地域の活性を結びつけようと様々な取り組みも始まっている。(今でも、見学に訪れる人も多い。)
2016年4月からは、地域の方々が指定管理人となって様々なイベントなどを企画されています。
詳細はこちらから⇨

山桜や新緑がうつくしい春、ホタルや涼風が迎えてくれる夏、里山が色づく秋には田んぼの畦に彼岸花が咲き『ミヤマアカネ』が飛ぶ、標高の高い船坂は冬には雪景色になることも・・・四季折々の豊富な魅力に惹かれ、近年はカフェやレストランも増えて来た。
また六甲縦走路の「石の宝殿」や「船坂峠」と結ぶハイキング道もありハイカーの姿も多い。
IMG_9664 IMG_0279 IMG_9619
<写真をクリックしていただくと大きくなります>

今日の写真

夙川 こほろぎ橋 10月21日

夙川の桜の木がそろそろ色づき始めますね。川の両岸に桜と松の並木が続く南北約2.7kmの夙川河川敷…

新着投稿

おすすめ記事

  1. 船坂里山学校
  2. キセキの葉書
  3. 西宮北口駅前 涼宮ハルヒの聖地 ハルヒ時計
西宮北口ハウジングギャラリー
活性リンパオイルマッサージ ボディラボプラス
ようこそ甲子園へ
西宮風景箱 野球場のある風景 好評発売中!
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP