優良事業所

株式会社 三弘建築事務所

優れた技術の応用力(製品・サービス)



伝統的建築物をはじめとする各種建築物の設計手法と監理技術

受賞内容



自然環境との調和を図り、住みよく充実した社会資本の構築に貢献することを基本理念に、「発注者の要望を尊重し専門家としての使命を認識し、その満足と信頼が向上するに足る品質を提供する」ことを目指してきました。
確かな品質を提供するために、設計業務から監理業務まで、一貫したグループ責任体制を構築し、ISO品質マニュアルに基づき各段階での審査・検証の徹底を図っています。教育施設、集合住宅、生産施設など様々な建築物の設計・監理業務に携わるなか、震災以前から着手してきた伝統的建築物の設計に加え、倒壊した社寺の再現に向け、伝統技術を継承しつつ、耐震性を考慮した設計手法(社寺建築の設計)を提供し、業務を通じた地域コミュニティ形成に寄与しています。


創業者の現取締役会長 池田勝彦様から平成16年10月に跡を継がれて7年目を迎えられる古澤伸介社長にお聞きしました。

いつのご創業ですか



代表取締役  古澤伸介

代表取締役  古澤伸介

昭和44年2月に現取締役会長 池田勝彦が西宮市産所町で創業し、同年7月に株式会社に改組、昭和48年10月に西宮市本町に本社ビルを新築して移転、現在に至ります。おかげさまで今年2月で創業43年を迎えました。

ここまで設計事務所を長くお続けになってこられた会社の目標はございますか
弊社は、官公庁及び民間の多くのお客様から数多くのお仕事をさせていただき、今日まで来ております。

創業者の言葉に「人を大切に、仕事には責任を」の社是6か条があります。
1・礼儀を重んずること  2・正直であること  3・確実であること
4・勤勉であること    5・時間を守ること  6・約束をまもること
を、毎日朝礼時に社員全員で唱えております。

それと、あちこちでよく聞く言葉ですが「報・連・相」です。
簡単なことの繰り返しを確実に行うことで会社の将来を左右するとよく言われたものです。

それとISOの認証資格を取得されていますね



株式会社 三弘建築事務所
はい 平成11年(1999年)に兵庫県下の設計事務所で最初に認証登録いたしました。

地球環境問題に対する意識が高まり、IT化の進展、少子高齢化、長引く経済不況等、社会環境の変化に伴い、都市を構成する単位である「建築」に対しても本質的な転換が求められています。
建築設計・監理に携わる我々にとって、自然環境との共生、地域固有の歴史・伝統文化との調和、運営者や利用者とともに考える生きた施設づくりは、社会とつながる大切な課題と認識し、「発注者の要望を尊重し、専門家としての使命を認識し、その満足と信頼が向上するに足りる品質を提供する。」を品質方針として定めております。

今回の受賞の対象となった伝統的建築物の設計について、いつごろから手掛けられてきましたか。



株式会社 三弘建築事務所
昭和50年頃から某宗教法人の社殿の設計監理を足掛かりに、昭和51年より10年の歳月を要し、ご当地西宮の門戸厄神東光寺様の全面伽藍建替えの総合計画をさせていただきました。その後いくつかの社寺建築の設計・監理の業務にも携わっております。

平成7年1月17日の阪神淡路大震災により、重い屋根瓦の社寺建築の多くが、甚大な被害を受けました。被災されたお寺様、檀家様にとりましては御自宅も被災された方も多く、二重の苦しみを背負われたことと思います。

株式会社 三弘建築事務所
弊社は、そんな社寺のいくつかの再建計画を手掛けさせていただきました。皆様からは、どんな大きな地震が来ても潰れない本堂をとのご要望をいただき、伝統建築物の中にも耐震性の優れた本堂、社殿を心掛けました。
復元再興に向け、様々な立場の方からお声をかけていただき、設計手法と監理技術を駆使して皆様のご期待に添うよう努力してまいりました。

これからの展望



まずは、ご縁をいただいた方との信頼関係をしっかり築くことを第一歩とし、先に申し上げた社会における弊社の役割を真摯に捉え、社員一丸となって、顧客の満足に値する仕事、地域社会に貢献できる仕事を継承していきたいと思っております。
 

株式会社 三弘建築事務所

株式会社 三弘建築事務所

住所:兵庫県西宮市本町4番16号

電話:0798-34-5081

代表取締役  古澤伸介

ホームページ http://sanko-ae.co.jp/

今日の写真

4月24日

<西宮の市花はさくら。今月は市内のさくらスポットをご紹介します。>蓬莱峡は生瀬から有馬へ向か…

おすすめ記事

  1. 鳴尾高校野球部
  2. まちなみ発見クラブ
  3. とおかし
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP