トピックス

小さい頃ツルテンピーカーと呼んでいた物は何だったのか???

少し前に、西宮流のサイトにこんなお問い合わせが来ました。

↓     ↓     ↓

「昭和40年頃までは間違いなく存在していた?と記憶しています。
甲子園球場の北側、駅の西口と43号線の間にあった、公園のような場所で、
石造りの非常に大きなモニュメント?噴水?のような物があり、
仲間では、ツルテンピーカーと呼んでいた場所がありました。
誰かご存じの方居られませんか?」

↑     ↑     ↑

市の情報公開室(市史編集室)で上記の件をお尋ねしてみましたら
下のような写真をお借りする事が出来ました。
これが、上記の質問者のお答えになっているのかどうか分かりませんが
この場をお借りして掲載させて頂きました。

まず、昭和38年10月の写真です。
多分、この写真の真ん中に見えているゲートの左横のモニュメントではないか???と勝手に想像。

<写真をクリックして頂くと大きくなります>

次に昭和44年4月の写真です。
そのモニュメントが少し大きく見えます。信号と少しかぶっていますが・・・・

<写真をクリックして頂くと大きくなります>

お尋ねの方が「ツルテンピーカーと呼んでいた。」とおっしゃっているので
左の方に見えるモニュメントのまわりの4つの玉が、そうかな???と思っているのですが・・・・(笑

このモニュメントの真ん中には、元々は阪神タイガースの生みの親「外山脩造氏」の銅像があったようですね。
(どうやら、第二次世界大戦で供出されて無くなったようですね。)

西宮の歴史に詳しい方で、この件でもし何か情報がありましたらお教えくださいね。

 

==西宮流のブロガーの方から、下記のようなコメントが来ましたのでご紹介します。==

西宮芦屋研究所員です。「ツルテンピーカー」が石造りのものということならその正体はわかりませんが「ツルテンピーカー」は禿げ頭のことを指していましたので、右下の方に櫓の上の球状の物体も「ツルテンピーカー」と言えなくもありません。
実は、この球状の物体には「吉原製油ゴールデンサラダ油」ということが書かれてあったと思います。この会社の社長は画家として有名で具体美術協会を立ち上げた吉原治郎氏でしたのでこのような広告塔を作ったのではないでしょうか?  <西宮芦屋研究所員さま ありがとうございました>

 

<お知らせ>
「第3回写真展 えべっさん」が開催されますのでお楽しみに!!
 12月6日~2012年1月16日の平日9:00~17:00 
 市役所東館8F 市史編集室前通路で

 

 

西宮風景箱

今日の写真

8月20日

西宮は昔は、近郊野菜の収穫地でもありました。どんどん宅地に転用されてきていますが、今でも住宅地のすぐ…

新着投稿

おすすめ記事

  1. 西宮神社の神前挙式
  2. 涼宮ハルヒの憂鬱 聖地 西宮北口公園 ハルヒ時計
  3. 西宮市優良事業所顕彰 応募受付中
西宮北口ハウジングギャラリー
活性リンパオイルマッサージ ボディラボプラス
自衛官募集
ようこそ甲子園へ
西宮風景箱 野球場のある風景 好評発売中!
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP